清水 秀利 (有限会社ファルマトレーニング代表)

筑波大学大学院環境科学研究科(高分子化学専攻)(現生命環境科学研究科)修了、薬学博士
卒後、藤沢薬品(株)(現アステラス(株))に入社。製剤研究所の固形製剤室で高分子化学を駆使した難溶性薬物吸収改善検討に従事し新規製剤製造法を確立。その後、同社研究開発企画室に赴任し、循環器領域の新薬の前臨床試験、臨床試験、承認取得に貢献した。その後、外資製薬会社でICH-GCPに基づいた国際共同治験をプロジェクトマネージメント及び臨床研究グループ責任者として推進、臨床試験の品質保証部門を確立。直近では2009年(有)ファルマトレーニングを設立し、海外の先端医療機器の導入開発支援事業を開始し現在に至る。創薬パートナーズでは、医療機器、製剤、新薬開発プロジェクトマネージメント、臨床試験に貢献したい。