田中 實 (サイエンスM, 医薬品開発支援機構)

東京教育大学(現筑波大学)理学部生物学科卒、理学博士
卒後、三共(株) (現第一三共(株)) に入社。分析代謝研究所長・欧州三共現地法人社長を歴任。その間、東京大学医学部薬理学、カロリンスカ研究所法医学教室に留学。東京医科歯科大学講師(薬理学)。プラバスタチンの発明に関する総理大臣賞受賞。日本薬物動態学会名誉会員。現在は医薬品開発支援機構(APDD)監事。
創薬パートナーズ設立発起人。40余年培った医薬品開発の経験を基に、独特な 洞察力と広いネットワークを創薬パートナーズによる創薬支援に活用したい。